ライティング

キャッチフレーズの作り方とは?手順と7つのテクニックについて解説

2022年2月5日

キャッチフレーズの作り方がいまいちわかりません!

 

魅力的なキャッチフレーズを作りたいです。

 

こういった悩みを解決します。

 

商品やサービスの魅力をメッセージとして伝える「キャッチフレーズ(もしくはキャッチコピー)」。

 

企業の売上やブランドの知名度をアップさせる効果が期待できます。

 

しかし、意図にそぐわないキャッチフレーズをつくった場合には、かえって商品やブランドのイメージを損ねてしまう恐れがあるため慎重さが求められる要素です。

 

そのため、キャッチフレーズの作り方がわからず悩んでいる人は多くみられます。

 

そこで、本記事ではキャッチフレーズの作り方を3つの段階に分けて解説していきます。

 

あわせてキャッチフレーズを魅力的に作る7つのテクニックも紹介するので、チェックしてみてください!

 

監修者
フリーライターとしてキャッチフレーズも作成しているヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

キャッチフレーズの重要性

 

キャッチフレーズは、商品やサービスを購入してもらうために作成します。

 

商品やサービスに興味を抱いてもらわないと、ユーザーから購入されることはありません。

 

ターゲットの関心を引きつけ、集客するのに活用できる手段がキャッチフレーズです。

 

ユーザーの購買意欲を高めるために、キャッチフレーズは重大な役割を果たします。

 

商品の写真や説明だけでは、うまく魅力は伝わらないでしょう。

 

しかし、商品にキャッチフレーズを付与するだけで大きくイメージが変わります。

 

商品やブランドに対するイメージを変えるだけではなく、ユーザーにリアクションしてもらうことが目的です。

 

キャッチフレーズの作り方

 

いきなり書き始めても、魅力的なキャッチフレーズは思い浮かばないでしょう。

 

キャッチフレーズを作る際、適切なステップを踏む必要があります。

 

そこで、キャッチフレーズの作り方について段階ごとに解説していきます。

 

ターゲットを決める

 

キャッチフレーズを作る前に、まず検討する必要があるのは「ターゲット」です。

 

具体的に設定することで、キャッチフレーズがターゲットの心に届きやすくなります。

 

ターゲットの関心を引きつけて、アクションをとってもらうことがキャッチフレーズの目的です。

 

そのターゲット像を、商品の特徴を踏まえつつ明確にしていきます。

 

ターゲットを明確化するときに、押さえておくべきことは価値観や悩みです。

 

価値観とは、ターゲットの嗜好や考え方を指しています。

 

悩みについては、ユーザーの解決したいことは何かを明確にしましょう。

 

魅力的なキャッチフレーズを書く際、ターゲットを絞ることが重要です。

 

ユーザーに寄り添ったメッセージを伝えることで、はじめて足を止めてもらうことにつながります。

 

メーセージを明確にする

 

抽象的な内容ではなく、明確に伝えたいことを含んだキャッチフレーズを作ります。

 

伝えたい内容とキャッチフレーズにズレが生じたら、商品やブランドのイメージが伝わりにくくなってしまうからです。

 

また、明確にしたターゲット層を意識しないと商品の魅力をキャッチフレーズに反映できません。

 

デザイン性・機能性・価格など、何を伝えたいのかを絞り、どのようなメッセージ性で訴求すべきかを検討します。

 

言葉を組み合わせる

 

ターゲットと訴求したい内容が決まったら、伝えるフェーズに入ります。

 

伝えたい表現やフレーズを組み合わせ、キャッチフレーズを書き出してみましょう。

 

思い浮かんだまま、できるだけ多くのキャッチフレーズを取り上げます。

 

その中から候補を絞り、決定していく流れです。

 

キャッチフレーズ作りのテクニック7選

 

キャッチフレーズを作るための基本的な流れを紹介しました。

 

より効率よくキャッチフレーズを作るための、7つのテクニックを紹介します。

 

すべてを意識する必要はなく、商品やブランドの特徴・伝えたいメッセージによって必要な情報を取捨選択してみてください。

 

簡潔に伝える

 

キャッチフレーズは、なるべくシンプルになるよう心がけましょう。

 

商品やブランドの魅力をすべて伝えようとすると、長文になってしまいがちです。

 

しかし、冗長なキャッチフレーズだとユーザーがリアクションしてくれない可能性が高まります。

 

行動のハードルを下げるためにも、シンプルに伝えることが重要です。

 

無駄な情報は省き、厳選した情報のみをキャッチフレーズに含めましょう。

 

具体性を利用する

 

抽象的なキャッチフレーズではなく、具体性を盛り込むと商品の魅力をアピールしやすくなります。

 

キャッチフレーズの中に数字を入れれば、容易に具体性を表現できるでしょう。

 

数字は目につきやすく、ユーザーに商品を印象付けられます。

 

例えば、「軽量化に成功」よりも「20%の軽量化に成功」のほうが興味を惹かれるのではないでしょうか。

 

また、ユーザーが商品の魅力をイメージしやすくなるのも利点です。

 

ベネフィットを共有する

 

キャッチフレーズは、商品の説明を羅列するものではありません。

 

機能や特徴を書くだけではなく、ターゲットに商品のよさを知ってもらう必要があります。

 

そのため、商品のベネフィットを伝えることを意識しましょう。

 

つまり、商品を使うことで享受できる利益や価値に重きを置きます。

 

ターゲットの悩みを解決できるのかどうかということを、キャッチフレーズで提示することが重要です。

 

例えば「通気性に優れたマスク」よりも、「息苦しくないマスク」のほうが価値を伝えやすくなります。

 

ただ特徴を盛り込むのではなく、ベネフィットを訴求することが大切です。

 

好奇心や危機感をあおる

 

キャッチフレーズで魅力のみをアピールするのではなく、あえて不安や危機感をあおるテクニックも有効です。

 

例としては、「まだ日本株に投資しているの?」といった表現が考えられます。

 

ただし、ユーザーによってはネガティブな印象を受ける可能性があるので要注意です。

 

思わず目にとまるようなキャッチフレーズは、危機感をあおるだけではなく好奇心をあおる方法も効果的でしょう。

 

例えば、「たった7日間で英語が話せるようになる方法」などです。

 

しかし、事実に基づかない表現や過度に刺激的なフレーズは、ターゲットに薬液を及ぼす可能性があります。

 

そのため、むやみに使わないようにしましょう。

 

口コミを活かす

 

商品のキャッチフレーズを作る前に、モニターアンケートなどを実施し、意見をキャッチフレーズに反映させることも効果的です。

 

客観的な視点から商品の魅力を把握し、訴求できます。

 

ターゲットの心に響くキャッチフレーズに仕上げやすくなるでしょう。

 

ターゲットの悩みや、商品に感じた魅力などを質問することが重要です。

 

リズムを意識する

 

ターゲットの心を打つキャッチフレーズに仕上げるには、韻を踏むなどのリズム感を意識することが大切です。

 

キャッチフレーズを思い出しやすくなる効果が期待できます。

 

読んでいて心地のよいリズムでコピーを作れると、購買意欲が高まる可能性もあるでしょう。

 

心理学を取り入れる

 

「カリギュラ効果」や「カクテルパーティー効果」などがあります。

 

カリギュラ効果は、禁止されると逆にやってみたくなる現象のことです。

 

「本気で稼ぎたい人以外は見ないでください」などのキャッチフレーズが使われます。

 

カクテルパーティー効果は、自分に必要な音声のみを無意識に選択して聞き取る現象です。

 

「夏までに痩せたいと思っているあなたにプレゼント!」といった、ターゲットを絞る方法が使われています。

 

キャッチフレーズに困ったらプロにお願いしよう!

 

ここまで、キャッチフレーズの作り方とコツについて紹介してきました。

 

キャッチフレーズの制作に迷ったときは、客観的な意見を参考にしたほうが効率的かもしれません。

 

そこでおすすめなのが、ココナラです。

 

プロとして活躍しているコピーライターに依頼し、商品の魅力を訴求できるキャッチフレーズを提案してもらえます。

 

身近に優秀なコピーライターがいない人にぴったりです。



 

まとめ

 

今回は、キャッチフレーズの作り方に関する手順と、7つのテクニックを紹介しました。

 

商品の知名度や売上をアップさせるのに、キャッチフレーズは大きく関係します。

 

ターゲットに、商品の魅力や価値を効果的に伝えられるかが重要です。

 

本記事で紹介したキャッチフレーズの作り方やテクニックを踏まえ、試してみてはいかがでしょうか。

 

キャッチフレーズの制作に悩んだら、ココナラを利用してみてください!



- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-ライティング

Copyright© Hiroky Blog , 2022 All Rights Reserved.