SF

『ブルータワー』あらすじと感想!ウイルスの蔓延する世界が舞台

2021年10月8日

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

『ブルータワー』の簡単なあらすじを教えてほしい!

 

『ブルータワー』の特徴や感想を知りたい!

 

こういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 『ブルータワー』のあらすじ
  • 『ブルータワー』の感想

 

監修者
Hiroky Blogは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

本記事では、石田衣良さんの著書『ブルータワー』のあらすじと感想を紹介します。

 

タイムスリップやSFが好きな人におすすめです。

 

Twitterで選書しています。お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

『ブルータワー』あらすじ

 

ブルータワーの簡単なあらすじを紹介します。

 

あらすじ:ブルータワー

 

平凡な一人の男が、天を衝く塔を崩壊から救う。

 

高さ2キロメートルの塔が幾多の危機を越え、雲を分け聳え続けるのだ。

 

世界を救うのは、夢みる力!魂の冒険と愛の発見の物語

 

石田衣良の新たな挑戦―心ゆすぶられるヒューマン・ファンタジー。

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

特徴:ブルータワー

 

『池袋ウエストゲートパーク』や『娼年』で知られている、石田衣良さんによる作品です。

 

悪性の脳腫瘍で死を宣告された主人公は、突然200年後・死亡率87%のウイルスが蔓延する世界に意識がタイムスリップします。

 

高さ2kmの塔(ブルータワー)の中で人々が暮らす未来を救うべく、奮闘するストーリーです。

 

こんな人におすすめ

壮大なSFファンタジーを楽しみたい人

 

著者名石田衣良ページ数445
出版社徳間書店受賞・候補歴-
発行年2004年メディアミックス-

 

『ブルータワー』感想

 

ブルータワーの感想を紹介します。

 

ツイート:ブルータワー

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

『ブルータワー』以外の作品もチェック!

 

石田衣良さんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

Amazon売れ筋ランキング

 

『ブルータワー』あらすじと感想のまとめ

 

ウイルスの蔓延する未来はどこかリアリティがあるので、今読むとより楽しめるかもしれません。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。掲載価格に変動がある場合や、記入ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-SF