純文学

『ぶらんこ乗り』あらすじと感想!切なくもあたたかい世界観が魅力

2021年10月9日

本の要約アプリflier(フライヤー)

フリープランを試す

※無料のコンテンツも豊富です。多忙な人にオススメ!

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

『ぶらんこ乗り』の簡単なあらすじを教えてほしい!

 

『ぶらんこ乗り』の特徴や感想を知りたい!

 

こういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 『ぶらんこ乗り』のあらすじ
  • 『ぶらんこ乗り』の感想

 

監修者
Hiroky Blogは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

本記事では、「いしいしんじ」さんの著書『ぶらんこ乗り』のあらすじと感想を紹介します。

 

著者の「いしいしんじ」さんからコメントをいただきました。気になる人は、ツイートをチェックしてみてください。

 

 

『ぶらんこ乗り』あらすじ

 

『ぶらんこ乗り』の簡単なあらすじを紹介します。

 

あらすじ:ぶらんこ乗り

 

ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意な男の子。

 

声を失い、でも動物と話ができる、つくり話の天才。

 

もういない、わたしの弟。

 

―天使みたいだった少年が、この世につかまろうと必死でのばしていた小さな手。

 

残された古いノートには、痛いほどの真実が記されていた。

 

ある雪の日、わたしの耳に、懐かしい音が響いて…。

 

物語作家いしいしんじの誕生を告げる奇跡的に愛おしい第一長篇

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

特徴:ぶらんこ乗り

 

ぶらんこに乗るのが上手だった弟と、その姉「私」の物語です。

 

高校生になった姉の視点から、今はもういない弟の残したノートをみながら回想していきます。

 

つくり話の天才だった弟との絆が描かれた、ハートフルでどこか切ないストーリーです。

 

こんな人におすすめ

やさしい気持ちになりたい人

不思議な世界観に浸りたい人

 

著者名いしいしんじページ数272
出版社新潮社受賞・候補歴-
発行年2004メディアミックス-

 

『ぶらんこ乗り』感想

 

 

ツイート:ぶらんこ乗り

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

『ぶらんこ乗り』あらすじが気になる本好きに

 

『ぶらんこ乗り』のあらすじが気になる本好きのあなたには、「Audible(オーディブル)」がおすすめ。

 

Amazon関連会社が提供しているオーディオブックサービスです。

 

なんと、月額1,500円で聴き放題

 

僕も毎日Audibleを使っています。

 

初回登録時は30日間の無料トライアルがついています。

 

期間中は料金は発生せず、自分に必要かどうか判断できるのも魅力です。

 

無料体験期間が終了すると自動で有料会員になるので、継続しない人は解約を忘れないようにしましょう。

 

新しい読書の形をぜひ無料で試してみてください。

 

無料で試してみる

無料トライアルは突然終了するかもしれないのでお早めに
(登録は1分ほどで完了します)

 

『ぶらんこ乗り』以外の作品もチェック!

 

いしいしんじさんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

『ぶらんこ乗り』あらすじと感想のまとめ

 

切なくもあたたかい気持ちになれる作品です。プレゼントとしても喜ばれるかもしれません。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

 

同じ純文学ジャンルが好きな人は、こちらもおすすめです。

『緑のさる』あらすじと感想!野間文芸新人賞を受賞した純文学作品

続きを見る

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-純文学