純文学 選書

ぶらんこ乗り(いしいしんじ)レビュー【選書】

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

こんにちは。ヒロキタナカ(@hiroky_info)です。

 

選書サービスを運営している僕が、過去に選んだ『ぶらんこ乗り』について紹介します。

 

あたたかい気持ちになりたい人や、 独特の世界観に浸りたい人におすすめです。

 

Twitterでも選書しています!お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

『ぶらんこ乗り』(いしいしんじ)


 

基本情報

 

  • 出版社:新潮社
  • 発行年:2004年
  • ページ数:272ページ
  • 受賞・候補歴:-
  • メディアミックス:-

ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意な男の子。声を失い、でも動物と話ができる、つくり話の天才。もういない、わたしの弟。―天使みたいだった少年が、この世につかまろうと必死でのばしていた小さな手。残された古いノートには、痛いほどの真実が記されていた。ある雪の日、わたしの耳に、懐かしい音が響いて…。物語作家いしいしんじの誕生を告げる奇跡的に愛おしい第一長篇。

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

レビュー:『ぶらんこ乗り』

 

ぶらんこに乗るのが上手だった弟と、その姉「私」の物語です。高校生になった姉の視点から、今はもういない弟の残したノートをみながら回想していきます。つくり話の天才だった弟との絆が描かれた、ハートフルでどこか切ないストーリーです。

 

やさしい気持ちになりたい人や、不思議な世界観に浸りたい人は手にとってみてはいかがでしょうか。

 

感想ツイート:『ぶらんこ乗り』

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

『ぶらんこ乗り』以外の作品もチェック!

 

いしいしんじさんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

まとめ

 

切なくもあたたかい気持ちになれる作品です。プレゼントとしても喜ばれるかもしれません。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

 

同じ純文学ジャンルが好きな人は、こちらもおすすめです。

緑のさる(山下澄人)レビュー【選書】

続きを見る

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

(株)アマノート代表:選書家 , ライター , ブロガー / 雨音選書 / NAUT BOOKS / 活動:All About News , ねとらぼ調査隊 , bizSPA! など / 嗜好:SEO , ニュース , 書評 / 一橋大学大学院→IT系→独立 / 横浜出身の27歳。文章を書いたり本を選んだりしています。

-純文学, 選書

Copyright© CELEBOOKS , 2021 All Rights Reserved.