純文学

『コインロッカー・ベイビーズ』あらすじと感想!破壊と復讐の物語

コインロッカー・ベイビーズ

(画像:Amazon.co.jp

『コインロッカー・ベイビーズ』の簡単なあらすじを教えてほしい!

 

『コインロッカー・ベイビーズ』の特徴や感想を知りたい!

 

こういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 『コインロッカー・ベイビーズ』のあらすじ
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』の感想

 

監修者
Hiroky Blogは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

本記事では、村上龍さんの著書『コインロッカー・ベイビーズ』のあらすじと感想を紹介します。

 

『コインロッカー・ベイビーズ』あらすじ

 

『コインロッカー・ベイビーズ』の簡単なあらすじを紹介します。

 

あらすじ:コインロッカー・ベイビーズ

 

1972年、駅のコインロッカーに乳児が遺棄されていました。

 

乳児院に入り、「関口菊之」という名前をつけられた子どもは「キク」と呼ばれるようになります。

 

同じ乳児院にいた「溝内橋男(ハシ)と仲良くなり、小学校入学前の夏に2人は西九州の離島にある桑山家に引き取られることに。

 

母親を探すために消えたハシを追い、東京へと向かったキク。

 

ワニのガリバーと暮らしている、「アネモネ」に出会います。

 

キクは、小笠原の深海にあるダチュラで東京を破滅させる計画を企てるのでした。

 

特徴:コインロッカー・ベイビーズ

 

1976年に『限りなく透明に近いブルー』で芥川賞を受賞した、村上龍さん。

 

本作では野間文芸新人賞を受賞。

 

乳児院で育った2人の破壊・復讐を描いた作品として、大きな注目を集めました。

 

1980年の発売当初は、上下巻で刊行されています。

 

世界中で翻訳され、国内では2016年に舞台化されました。

 

こんな人におすすめ

村上龍さんの代表作を読みたい人

「限りなく透明に近いブルー」を読んだ人

当時の社会的な空気感を知りたい人

 

著者村上龍ページ数-
出版社講談社受賞・候補歴野間文芸新人賞
発行年1980年メディアミックスラジオドラマ・舞台

 

背景:コインロッカー・ベイビーズ

 

当時発生した、コインロッカーへの幼児置き去り事件をテーマとしています。

 

出版された1980年は、「ジョン・レノン銃殺事件」や「山口百恵」さんの芸能界引退などがあった年でした。

 

参考:Wikipedia

 

『コインロッカー・ベイビーズ』感想

 

『コインロッカー・ベイビーズ』の感想を紹介します。

 

ツイート:コインロッカー・ベイビーズ

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

感想をチェックすると、刺激があり高揚感・酩酊感を覚えるような作品であることがわかります。

 

『コインロッカー・ベイビーズ』あらすじが気になる本好きに

 

『コインロッカー・ベイビーズ』が気になる本好きのあなたには、「Audible(オーディブル)」がおすすめ。

 

Amazonが提供しているオーディオブックサービスです。

 

月額1,500円で聴き放題ですが、初回登録時は30日間の無料トライアルがついています。

 

さらに、紙の本が有料でも無料で聴ける作品がたくさんあるのでお得です。

 

期間中は料金が発生せず、自分に必要かどうか判断できます。

 

無料体験期間が終了すると自動で有料会員になるので、継続しない人は解約を忘れないようにしましょう。

 

新しい読書の形をぜひ試してみてください。

 

無料で試してみる

※無料トライアルは突然終了するかもしれないのでお早めに
(登録は1分ほどで完了します)

 

『コインロッカー・ベイビーズ』以外の作品もチェック!

 

村上龍さんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

Amazon売れ筋ランキング

 

『コインロッカー・ベイビーズ』あらすじと感想のまとめ

 

村上龍さんの代表作は『限りなく透明に近いブルー』。興味をもった人は、こちらも手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

 

『限りなく透明に近いブルー』あらすじと感想!芥川賞受賞の名著

続きを見る

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。掲載価格に変動がある場合や、記入ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-純文学