読書

読書するほど収入が上がる?世帯年収が高いほど多く本を読む傾向!

2021年8月29日

読書習慣の重要性はさまざまな場面で語られていますが、人によって読書する理由は異なります。

 

シンプルに趣味として楽しみたい人・何かを学びたい人など、目的は多様です。

 

中でも「ビジネスパーソンは読書したほうがよい」という意見が散見されます。

 

そこで、今回はビジネスパーソンにとって重要な「収入」と読書の関係性について解説していきます。

 

読書と収入の関連性

 

読書と収入に関連性はあるのでしょうか。

 

出版文化産業振興財団による2009年の調査「現代人の読書実態調査(PDF)」によると、世帯年収が高いほど読書量が多い傾向にあるとのことです。

 

1ヶ月に3冊以上の本を読むのは、世帯年収が「1,500万円以上」が最多で40.5%。

 

「300〜500万円未満」では22.6%という結果でした。

 

成人1,550人を対象として調査なので、信頼できる結果といえるでしょう。

 

世帯年収が高いほど、本を購入できる余裕があるかもしれません。

 

しかし、1冊1,000円前後の本を月に3冊読むとしても3,000円です。

 

そのため、やはり収入と読書習慣の間には関連性がありそうです。

 

読書と収入についてのおすすめ本

 

時間はあっても、読書する「やる気」が出ないという人もいるかもしれません。

 

そのような人には、以下の本がおすすめです。

 

モチベーション理論の先駆者・社会心理学者が「心に火をつける」方法を解説しています。

 

レビュー

人間って変われるんだ!と、短時間で理解できる本

本書では、人間を大きく8つのパターンに分類し、心理学の実験に基づき、それぞれのパターンごとにやる気を上げるための処方箋を出してくれます。

個々のパターンについて、3つの軸(1マインドセット 、2フォ ーカス 、3自信の有無)をベースに解説してくれます。

本を読み終えて、まずは、自分をついつい守ってしまう証明マインドセットから、他人の目を気にせず新しいことを学ぶ、成長マインドセットへ考えを変えるようにしようと思いました。

ちなみに、私の場合は、”臆病者”というタイプでした(笑)
本の内容を実践することで自分が成長出来そうなのが楽しみです

出典:Amazon

 

読書する時間のない人には「フライヤー」

 

読書する時間のない人には、「フライヤー」がおすすめです。フライヤーとは、本の要約サービスです。

 

有料ですが、プロのライターによる良質な要約文を読めます。

 

年間6,000タイトルほど出版されるというビジネス書から、ビジネスパーソンが読むべき本を有識者が厳選

 

時間がなくて読書できないビジネスパーソンにぴったりのサービスです。

 

当サイトでは通常のプランより割安な特別プランを紹介していますので、チェックしてみてください。

 

読書して収入を上げよう

 

読書によって収入が上がるケースは、スキルが反映されやすい仕事に限られるかもしれません。

 

しかし読書によって自分磨きができれば、仕事の幅が広がっていく可能性があります。

 

独立や転職にも活きるでしょう。また、生活の質も上がっていくはずです。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

(株)アマノート代表取締役。ライター・選書家。All About・bizSPA!・ねとらぼ などで執筆。SEOやニュース、書評が中心です。プレスリリースも担当。雨音選書 運営(KADOKAWA『関西ウォーカー』掲載)。過去にNPOグリーンバード チームリーダー。一橋大学大学院→IT業界→2年で退職→独立2年目。27歳。

-読書

Copyright© CELEBOOKS , 2021 All Rights Reserved.