生産性

レッドブルの代わりはサバイバーがおすすめな理由4選【コスパ最高】

レッドブルを頻繁に飲んでいるものの、値段が高いことが気になる人は多いのではないでしょうか。

 

筆者はレッドブルやモンスターエナジーなどのエナジードリンクをよく飲んでいます。

 

しかし価格が高い点が気になり、よりコストパフォーマンスに優れたエナジードリンク・サバイバーを自販機で見つけました。

 

その後、Amazonで探したところサバイバーを発見。それ以降、サバイバーも飲んでいます。

 

レッドブルをはじめとしたエナジードリンクの代わり・代用になると実感したので、サバイバーについて紹介します。

 

 

レッドブルの代わりとなるサバイバーとは

 

サバイバーは、以下のような缶タイプで売られているエナジードリンクです。

 

名前のとおり「SURVIVE」をテーマとした商品。

 

気合いを入れて集中したいビジネスパーソンや受験生におすすめです。

 

 

目を覚ませ! 生き抜くには力が必要だ。すべての大人たちへ。闘うためのエネルギー。気合いを入れたいとき、疲れたときにピッタリなエナジードリンクです。サラリーマン、受験生、世の中を「SURVIVE(サバイヴ)」する方々に。1本あたりカフェイン120mg配合。

文章は「Amazon.co.jp」より引用

 

口コミ

この値段でこの量、そして効果。
朝が早い仕事をしているため初っ端から眠気との闘いになるのですが、そのためいつもレッドブルを買って飲んでいました。
エナジードリンクは少々の値段の違いはあれど大体どっこいどっこいな値段なので単純に好みの味としてレッドブルを選んでいました。
こちらの商品はそんな微妙に違いはあれどレッドブルとよく似た味で、おまけに量が多い。
眠気も飛ぶので仕事のやる気にもつながるしとても助かります。

レッドブルの味に気持ち苦みプラスって感じの味です。
あの味が好きな人は是非どうぞ。

(出典:Amazon

 

ちなみに、レッドブル・モンスターエナジーは以下のようなデザインです。


 

レッドブルの代わりにはサバイバーがおすすめな理由

レッドブルの代わりにはサバイバーがおすすめな理由

 

サバイバーがレッドブルの代わりにおすすめな理由について、解説していきます。

 

1. 低価格

 

サバイバーレッドブルモンスターエナジー
料金93円/1本282円/1本200円/1本
250ml250ml355ml
カフェイン48mg/100ml32mg/100ml40mg/100ml
アルギニン130mg/100ml120mg/100ml125mg/100ml

※2020年12月24日現在
※横スクロールできます

 

筆者はAmazonで30本入りのサバイバーをよく購入しています。

 

仮に毎日1本飲むとすると、1ヵ月のコストは2,800円ほど。

 

レッドブルの場合だと6,789円です。

 

2. 成分

 

サバイバーレッドブルモンスターエナジー
料金93円/1本282円/1本200円/1本
250ml250ml355ml
カフェイン48mg/100ml32mg/100ml40mg/100ml
アルギニン130mg/100ml120mg/100ml125mg/100ml

※2020年12月24日現在
※横スクロールできます

 

表のとおり、サバイバーは成分が多い点が特徴です。

 

サバイバーの100mlあたりのカフェイン量・アルギニンの量はレッドブルより多く、値段は1/3なのでコストパフォーマンスに優れています。

 

モンスターエナジーと比べても、サバイバーの方が100mlあたりのカフェイン量とアルギニン量が多いことがわかります。

 

3. 味

 

サバイバーは、レッドブルの甘さを控えめにした味わいです。

 

味に大差はないものの、甘いエナジードリンクが好きな人はモンスターエナジーのほうが向いています。

 

4. 国内製造

 

メーカーは富永貿易です。

 

レッドブルやモンスターエナジーの原産国は日本ではありません。

 

国産にこだわりたい人にはぴったりです。

 

レッドブルの代わりにはサバイバーがおすすめ

 

ココがポイント

  • サバイバーは成分の多さ・価格の安さで優れている
  • レッドブルやモンスターと比べるとやや苦味がある

 

成分はカフェインとアルギニンの量で比較しましたが、他に比較したい成分がある人は公式ホームページでチェックしてみてください。

 

コストパフォーマンスを重視したい人は、サバイバーをレッドブルの代わりに飲むことをおすすめします。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-生産性