ブログ

WordPressで日付を非表示にする方法【投稿記事】

2020年12月28日

WordPressで記事の日付を非表示にする方法を紹介します。

 

LP制作時に役立つかもしれません。コードはコピペして使ってみてください。

 

WordPressで日付を非表示にする方法

特定の記事の日付を消す方法

 

指定した記事の投稿日を消す方法です。

 

下記画像の赤く囲った箇所を非表示にします。 

 

 

当サイトのWordPressのテーマは、AFFINGER5

 

テーマによって方法が変わるわけではないので、汎用的な方法です。

 

記事のIDを確認する

 

記事の日付は、CSSを使って非表示にします。

 

CSSのコードには、記事IDが必要です。

 

そのため、まずは記事IDを探す方法を共有します。

 

まず、WordPress画面の「投稿一覧」を押し、記事一覧が載っているページを見ます。

 

日付を消したい記事タイトルが表示されたら、その列の右から2番目に「ID」と書かれた場所があるのでチェックしましょう。

 

 

追加CSSにコーディングする

コード(コピペ可)

 

以下のCSSコードを追加CSSに書きます。

 

.postid-276 time { display: none; } 

 

「276」を、消したい記事のIDに変更してください。

 

テーマによっては「postid-276 time」の「time」部分が異なる場合があります。

 

反映されない場合は「検証」を使い、日付を示すコードの確認が必要です。

 

「time」かどうか確認する方法

 

日付を青マークし、右クリックをします。

 

検証」という項目が出てきますので、クリック。

 

 

コードが書かれた「デベロッパー ツール」が出てきます。

 

青くマーキングされたコードにカーソルを載せると、「time」という日付を表すコードが浮上。

 

 

WordPressで日付を非表示にする方法のまとめ

 

WordPressで日付を非表示にする方法を紹介しました。

 

当ブログで使用しているテーマ(AFFINGER)ではなくても、同様に対処できるはずです。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
※ Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
※ 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社アマノートに還元されることがあります。
※ 掲載されている情報は、株式会社アマノートが独自にリサーチした時点のものです。掲載価格に変動がある場合や、記入ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、公式サイト・各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ