自己啓発

『自死という生き方』(須原一秀)の概要と感想!哲学的な生き様とは

2021年10月5日

こんにちは。ヒロキタナカ(@hiroky_info)です。

 

『自死という生き方』の特徴や感想を知りたい!

 

こういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 『自死という生き方』の基本情報
  • 『自死という生き方』の感想

 

監修者
Hiroky Blogは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

本記事では、須原一秀さんの著書『自死という生き方』のあらすじと感想を紹介します。

 

難しいテーマであり、生き方や人生についてのヒントを得られるかもしれません。

 

Twitterで選書しています。お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

『自死という生き方』(須原一秀)とは

 

基本情報

 

  • 出版社:双葉社
  • 発行年:2008年
  • ページ数:285ページ
  • 受賞・候補歴:-
  • メディアミックス:-

著者は立命館大学の哲学講師。06年4月、自死を遂げるが、そこには一冊分の完成原稿が残されていた。自殺の意味と理由、方法、哲学的背景、そして決行日に向けての心理分析と行動録…淡々と描かれる「積極的な死の受容」の記録がここに。

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

レビュー:『自死という生き方』

 

2006年に65歳で自死を選択された著者は、元立命館大学非常勤講師で哲学者の須原一秀さん。

 

現場には1冊の原稿が置いてあり、自死決行の意味・方法・哲学的背景などが冷静に記録されていました。

 

本作はその内容そのもので、死の受容について考えさせられます。

 

多様な生き方について考えたい人は、手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

レビューツイート:『自死という生き方』

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

『自死という生き方』以外の作品もチェック!

 

須原一秀さんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

まとめ

 

難しいテーマのため、万人におすすめできる本ではありません。

 

しかし著者の覚悟が伝わってくる内容であり、生き方や人生を変えられるパワーを秘めています。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

 

別の記事では『意のままに生きられる』(アルボムッレ・スマナサーラ)を紹介しています。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-自己啓発

Copyright© Hiroky Blog , 2022 All Rights Reserved.