ミステリー

『夢の女・恐怖のベッド』あらすじと感想!巧みなストーリーテリング

2021年10月6日

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

こんにちは。ヒロキタナカ(@hiroky_info)です。

 

選書サービスを運営している僕が、過去に選んだ『夢の女・恐怖のベッド―他六篇』について紹介します。

 

古典ミステリを読んでみたい人におすすめの本です。

 

Twitterでも選書しています。お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

夢の女・恐怖のベッド―他六篇』あらすじ・基本情報


 

あらすじ

 

『白衣の女』『月長石』で名高いウィルキー・コリンズはまた,数多くの魅力的な短篇をのこしている.

 

どの作品も,ミステリの萌芽というべき謎めいた筋立てと卓越した描写力で,コリンズのストーリーテラーぶりが遺憾なく発揮されたものばかりだ.

 

表題作のほか「盗まれた手紙」「グレンウィズ館の女主人」「家族の秘密」などを収録.

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

 

基本情:『夢の女・恐怖のベッド―他六篇』

 

  • 著者名:ウィルキー・コリンズ
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年:2003年
  • ページ数:369ページ
  • 受賞・候補歴:-
  • メディアミックス:-

 

夢の女・恐怖のベッド―他六篇』感想

 

感想

 

著者のウィルキー・コリンズさんは1800年代に活躍したイギリスの作家で、『白衣の女』や『月長石』が代表作。

 

本作はミステリの古典的な存在であり、複数の原初的な短編ストーリーを味わえるのが魅力です。

 

巧みなストーリーテリングで、ユーモアもあり楽しめます。

 

イギリスならではの古典的なミステリに触れたい人に、おすすめです。

 

感想ツイート:『夢の女・恐怖のベッド―他六篇

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

夢の女・恐怖のベッド―他六篇』以外の作品もチェック!

 

ウィルキー・コリンズさんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

まとめ

 

ウィルキー・コリンズさんの『月長石』は、初期の長編推理小説として有名です。

 

近代長編推理小説の創始において、重要な存在といわれています。まずは、短編集から読んでみるとよいかもしれません。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-ミステリー

Copyright© Hiroky Blog , 2022 All Rights Reserved.