純文学

『緑のさる』あらすじと感想!野間文芸新人賞を受賞した純文学作品

2021年10月7日

本の要約アプリflier(フライヤー)

フリープランを試す

※無料のコンテンツも豊富です。多忙な人にオススメ!

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

『緑のさる』の簡単なあらすじを教えてほしい!

 

『緑のさる』の特徴や感想を知りたい!

 

こういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 『緑のさる』のあらすじ
  • 『緑のさる』の感想

 

監修者
Hiroky Blogは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

本記事では、山下澄人さんの著書『緑のさる』のあらすじと感想を紹介します。

 

演劇が好きな人や、個性的な純文学に触れたい人におすすめです。

 

Twitterでも選書しています。お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

『緑のさる』あらすじ・基本情報

 

『緑のさる』のあらすじと基本情報を紹介します。

 

あらすじ

 

『群像』『文學界』で鮮烈なデビューを果たした著者による初の単行本。

 

彼女と友達に裏切られたフリーターの「わたし」は、海に行き不思議な出来事に遭遇する。

 

小説の可能性を追求した意欲作。平成24年度・第34回野間文芸新人賞受賞作。

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

基本情報:『緑のさる』

 

  • 著者名:山下澄人
  • 出版社:平凡社
  • 発行年:2012年
  • ページ数:144ページ
  • 受賞・候補歴:第34回野間文芸新人賞受賞
  • メディアミックス:-

 

『緑のさる』感想

 

『緑のさる』の感想を紹介します。

 

感想

 

著者は『しんせかい』で第156回芥川賞を受賞し、本作では第34回野間文芸新人賞を受賞しています。

 

現実なのか夢なのかわからない、ユニークで不思議な作品です。

 

演劇のような雰囲気が漂い、人間描写が巧みなので空気感も楽しめます。

 

演劇が好きな人や、ユニークな純文学に触れたい人は手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

感想ツイート:『緑のさる』

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

『緑のさる』以外の作品もチェック!

 

山下澄人さんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

まとめ

 

純文学は難しい印象がありますが、雰囲気も含めて楽しみたいときにぴったりです。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-純文学