純文学 選書

緑のさる(山下澄人)レビュー【選書】

2021年10月7日

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

こんにちは。ヒロキタナカ(@hiroky_info)です。

 

選書サービスを運営している僕が、過去に選んだ『緑のさる』について紹介します。

 

演劇が好きな人や、個性的な純文学に触れたい人におすすめです。

 

Twitterでも選書しています!お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

『緑のさる』(山下澄人)


 

基本情報

 

  • 出版社:平凡社
  • 発行年:2012年
  • ページ数:144ページ
  • 受賞・候補歴:第34回野間文芸新人賞受賞
  • メディアミックス:-

『群像』『文學界』で鮮烈なデビューを果たした著者による初の単行本。彼女と友達に裏切られたフリーターの「わたし」は、海に行き不思議な出来事に遭遇する。小説の可能性を追求した意欲作。平成24年度・第34回野間文芸新人賞受賞作。

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

レビュー:『緑のさる』

 

著者は『しんせかい』で第156回芥川賞を受賞し、本作では第34回野間文芸新人賞を受賞しています。現実なのか夢なのかわからない、ユニークで不思議な作品です。演劇のような雰囲気が漂い、人間描写が巧みなので空気感も楽しめます。

 

演劇が好きな人や、ユニークな純文学に触れたい人は手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

感想ツイート:『緑のさる』

 

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

『緑のさる』以外の作品もチェック!

 

山下澄人さんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

まとめ

 

純文学は難しい印象がありますが、雰囲気も含めて楽しみたいときにぴったりです。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

(株)アマノート代表:選書家 , ライター , ブロガー / 雨音選書 / NAUT BOOKS / 活動:All About News , ねとらぼ調査隊 , bizSPA! など / 嗜好:SEO , ニュース , 書評 / 一橋大学大学院→IT系→独立 / 横浜出身の27歳。文章を書いたり本を選んだりしています。

-純文学, 選書

Copyright© CELEBOOKS , 2021 All Rights Reserved.