エッセイ

『それでも、素敵な一日』(ク 作家)感想!勇気をもらえるエッセイ

2021年12月4日

本の要約アプリflier(フライヤー)

フリープランを試す

※無料のコンテンツも豊富です。多忙な人にオススメ!

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

『それでも、素敵な一日』の特徴や感想を知りたい!

 

こういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 『それでも、素敵な一日』の概要
  • 『それでも、素敵な一日』の感想

 

監修者
Hiroky Blogは、書籍商・ブックセレクターのヒロキタナカ(@hiroky_info)が監修しています。

 

本記事では、ク 作家さんの著書『それでも、素敵な一日』の概要と感想を紹介します。

 

元気や勇気をもらいたい人におすすめです。

 

Twitterで選書しています。お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

それでも、素敵な一日』(ク 作家)

 

『それでも、素敵な一日』(ク 作家)の基本情報とレビューを紹介します。

 

基本情報

 

  • 翻訳:生田 美保
  • 出版社:ワニブックス
  • 発行年:2020年
  • ページ数:265ページ
  • 受賞・候補歴:-
  • メディアミックス:-

――なんでもない日が、大切になる――

韓国で13万部を売り上げた、感動のイラストエッセイ。
様々な壁に直面しても、日々を懸命に生きる姿に力をもらえる。

幼いときに病気で耳が聞こえなくなり、
いずれ目も見えなくなるとわかったとき、
私はやりたいことをするために、一日一日を大切に生きようと決めた。

著者の分身であるうさぎの「ベニー」が
それでも前を向き、今を生きることの大切さに気づかせてくれる1冊。

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

レビュー:『それでも、素敵な一日

 

著者は聴力を幼いときに失い、聴こえない自分の代わりに「ベギー」といううさぎのキャラクターを描いています。

 

多くの人に希望を与えている中で、視力をなくす病気に罹患していることも判明。

 

そのような状態でも、前を向いて毎日を大切に生きる姿に「今を生きること」の大切さを気付かされます

 

勇気をもらいたい人や、ポジティブな気持ちになりたい人はチェックしてみてください。

 

レビューツイート:『それでも、素敵な一日

https://twitter.com/golaeeye/status/1356054417955381252?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1356054417955381252%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fhiroky.org%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D2610action%3Dedit

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

それでも、素敵な一日』以外の作品もチェック!

 

ク 作家さんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

まとめ

 

著者の続編は『そこに行けばいいことがあるはず』。興味をもった人は、こちらも手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

 

『ランゲルハンス島の午後』あらすじと感想!イラスト満載のエッセイ

続きを見る

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-エッセイ