ミステリー

『地上最後の刑事』あらすじと感想!人類滅亡を控えた終末・刑事小説

2021年12月1日

(書籍の画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 

こんにちは。ヒロキタナカ(@hiroky_info)です。

 

選書サービスを運営している僕が、過去に選んだ『地上最後の刑事』について紹介します。

 

壮大な世界観のミステリに没頭したい人におすすめです。

 

Twitterでも選書しています。お気軽にご利用ください!選書した本はそのうち記事で紹介します。

 

『地上最後の刑事』(ベン・H・ウィンタース)


 

基本情報

 

  • 出版社:早川書房
  • 発行年:2016年
  • ページ数:382ページ
  • 受賞・候補歴:アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀ペイパーバック賞
  • メディアミックス:-

ファストフード店のトイレで死体で発見された男性は、未来を悲観して自殺したのだと思われた。半年後、小惑星が地球に衝突して人類は壊滅すると予測されているのだ。しかし新人刑事パレスは、死者の衣類の中で首を吊ったベルトだけが高級品だと気づき、他殺を疑う。同僚たちに呆れられながらも彼は地道な捜査をはじめる。世界はもうすぐなくなるというのに……なぜ捜査をつづけるのか? そう自らに問いつつも粛々と職務をまっとうしようとする刑事を描くアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀ペイパーバック賞受賞作!

(文章は「Amazon.co.jp」より引用)

 

レビュー:『地上最後の刑事』

 

半年後に小惑星が衝突すると予測された世界を舞台としたミステリーです。

 

あるファーストフード店で見つかった死体を、誰もが未来を悲観した自殺だと考えていました。

 

しかし刑事になったばかりの主人公・パレスは、他殺を疑います。

 

未来のない世界で、執念の捜査を続ける姿に魅せられるでしょう。

 

絶望的な舞台で繰り広げられるミステリーに興味をそそられた人に、おすすめです。

 

レビューツイート:『地上最後の刑事』

 

 

※Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを引用

 

『地上最後の刑事』以外の作品もチェック!

 

ベン・H・ウィンタースさんのほかの作品は、以下のリンクからご確認ください。

 

ほかの作品をチェック

 

まとめ

 

著者は、ほかにも『世界の終わりの七日間』などを発表しています。興味をもった人は、こちらも手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

なお、自分に合った本を選んでほしい人は選書サービス 雨音選書をチェックしてみてください。

 

『真っ白な嘘』あらすじと感想!「後ろを見るな」は最後に読む短編集

続きを見る

- PR -
ドメインなら:お名前.com
サーバーなら:エックスサーバー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロキタナカ

ブックセレクター。選書サービス「雨音選書」を運営。オンライン古書店主。All About NEWS、ねとらぼ調査隊 etc ライター。商品・サービス紹介やSEO対策をしています。

-ミステリー

Copyright© Hiroky Blog , 2022 All Rights Reserved.